加速器・物理合同ILC夏の合宿2015

開催趣旨

2012年のLHCによるヒッグス粒子の発見をきっかけとして、素粒子・高エネルギー物理学は新しい段階へとその一歩を踏み出しました。
間もなく開始されるLHC 13TeV運転ではさらに新しい発見が期待されます。しかし、ヒッグスセクターの詳細研究、超対称性の発見、標準模型を越える現象の探索などの課題に挑むには、LHCに加えて、ヒッグスセクターの詳細研究、超対称性の発見、標準模型を越える現象の探索などの課題に挑むには、250GeVから1TeVのエネルギースケールにおける電子・陽電子コライダーの実現が必要です。
日本を含めた世界の物理学者は、日本が国際リニアコライダー実現に指導的役割を果たすことを、大いに期待しています。
本合宿は2011年から開催されており、次の理念により、国際リニアコライダーの実現、そして素粒子物理学の発展を目指しています。

•    加速器科学者、素粒子・高エネルギー物理学者の間の情報共有、共通認識の醸成。
•    国際リニアコライダーの実現、さらには研究分野全体の発展のための異分野の研究者同士の信頼
 関係の構築、若手研究者間の交流促進。


開催要項

開催日時:2015年7月18日(土)〜21日(火)3泊4日

開催場所:群馬県伊香保温泉 ホテル天坊

http://www.tenbo.com

• 参加費:無料

• 旅費、宿泊費:7/18  ¥15,000、 7/19 ¥15,000、7/20 ¥11,000(税別、入湯税別)

                           スタッフ、ポスドクは懇親会費¥3,500申し受けます

• 学生参加者への交通費補助あり。
     滞在費の支給なし。
     採用枠には限りがありますので、ご了承ください。 
     採択の可否については7月1日までに連絡します。

 ※参加登録締め切り:6月30日(火)


組織委員会

倉田 正和    (東京大学)(幹事)
佐貫 智行    (東北大学)
大森 恒彦    (高エネルギー加速器研究機構)
藤井 恵介    (高エネルギー加速器研究機構)
横谷 馨    (高エネルギー加速器研究機構)
兼村 晋哉    (富山大学)
柿崎 充    (富山大学)
竹下 徹    (信州大学)
栗木 雅夫    (広島大学)
高橋 徹    (広島大学)
杉山 晃    (佐賀大学)
吉岡 瑞樹    (九州大学)
成田 晋也 (岩手大学)


 

Starts 18 Jul 2015 13:50
Ends 21 Jul 2015 13:00
Japan