Dec 4 – 5, 2015
広島大学先端物質科学研究科
Japan timezone

セラミックスを用いたGEMフォイルの開発

Dec 5, 2015, 2:20 PM
20m
401N講義室 (広島大学先端物質科学研究科)

401N講義室

広島大学先端物質科学研究科

東広島市鏡山1-3-1 (広島大学東広島キャンパス)

Speaker

Mr Kazuki Komiya (Tokyo Metropolitan Industrial Technology Research Institute)

Description

GEMフォイルは通常、絶縁層にプラスチックフィルムを用いている。このため、使用中に放電がたびたび起こると、炭化導電路が形成され電極間の短絡を引き起こすことが知られている。  そこで、絶縁層にセラミックスを用いたGEMフォイルを今回開発した。このGEMフォイルはフォトリソグラフィー技術を用いず簡単な工程で製造される。また、耐トラッキング特性に優れ、放電による電極間の短絡がない。  発表では、このGEMフォイルについて増幅率等測定した特性を紹介する。

Primary author

Mr Kazuki Komiya (Tokyo Metropolitan Industrial Technology Research Institute)

Co-authors

Prof. Hideki Hamagaki (University of TOKYO) Dr Masaki Wakabayashi (RIKEN) Ms Megu Kubota (Student) Prof. Toru Tamagawa (RIKEN) Ms Yoko Takeuchi (RIKEN/Tokyo University of Science)

Presentation materials

There are no materials yet.