Dec 4 – 5, 2015
広島大学先端物質科学研究科
Japan timezone

電子飛跡検出型コンプトンカメラにおけるTPCトリガーとデッドタイム削減

Dec 4, 2015, 5:25 PM
20m
401N講義室 (広島大学先端物質科学研究科)

401N講義室

広島大学先端物質科学研究科

東広島市鏡山1-3-1 (広島大学東広島キャンパス)

Speaker

Mr Kei Yoshikawa (Kyoto University)

Description

MeV領域でのガンマ線の観測では、超新星爆発における元素合成の仕組みなど未知の現象が分かる。しかし、MeV領域ではコンプトン散乱が優位なため、ガンマ線の到来方向の決定が難しい。そこで次世代型ガンマ線望遠鏡として、電子飛跡検出型コンプトンカメラ(ETCC)の開発を行っている。従来のコンプトンカメラと異なり、TPCで反跳電子の方向も測定することで、到来ガンマ線を再構成することができる。現在のETCCではシンチレータで散乱ガンマ線を測定しトリガーをかけているが、シンチレータの阻止能が高いため、シンチレータだけで鳴っているイベントが多い。そこで、電子飛跡を検出したときにトリガーをかけるように改良を行う。これにより、デッドタイムの削減が見込まれる。TPCトリガーのテストとして、${}^{22}Na$から放出される511keVのback-to-backなガンマ線を測定した。

Primary author

Mr Kei Yoshikawa (Kyoto University)

Co-authors

Dr Atzushi Takada (Kyoto University) Dr Dai Tomono (Kyoto University) Dr Hidetoshi Kubo (Kyoto University) Dr Kentaro Miuchi (Kobe University) Dr Kiseki Nakamura (Kyoto University) Mr Makoto Oda (Kyoto University) Dr Parker Joseph (Kyoto University) Dr Shinya Sonoda (Kyoto University) Mr Shogo Nakamura (Kyoto University) Mr Shohei Miyamoto (Kyoto University) Mr Shotaro Komura (Kyoto University) Dr Shunsuke Kurosawa (Tohoku University) Mr Taito Takemura (Kyoto University) Mr Tatsuya Sawano (Kanazawa University) Mr Tetsuro Kishimoto (Kyoto University) Dr Tetzuya Mizumoto (Kyoto University) Prof. Toru Tanimori (Kyoto University) Mr Yoshihiro Matzuoka (Kyoto University) Mr Yuma Nakamasu (Kyoto University) Dr yoshitaka Mizumura (Kyoto University)

Presentation materials