Dec 4 – 5, 2015
広島大学先端物質科学研究科
Japan timezone

μ-PICを用いたアクティブ標的(MAIKo)のテスト実験結果

Dec 4, 2015, 3:55 PM
20m
401N講義室 (広島大学先端物質科学研究科)

401N講義室

広島大学先端物質科学研究科

東広島市鏡山1-3-1 (広島大学東広島キャンパス)

Speaker

Mr Tatsuya Furuno (Department of Physics, Kyoto University)

Description

不安定核実験において、前方確度で質量欠損分光法を実現させるために、 京都大学、RCNPによってμ-PICを用いたアクティブ標的(MAIKo)が開発 された。アクティブ標的ではTPCの検出ガスを散乱の標的として用いて、 散乱をTPC内部で観測する。したがって、1 MeV程度の低エネルギーの 反跳粒子を検出することが出来る。 これまでにRCNPにおいて4He, 13Cビームを用いて2度のテスト実験を 行った。本講演では、MAIKo TPCにおけるトラッキングアルゴリズム を紹介し、これを用いた解析結果について報告する。

Primary author

Mr Tatsuya Furuno (Department of Physics, Kyoto University)

Co-authors

Mr Motoki Murata (Department of Physics, Kyoto University) Prof. Takahiro Kawabata (Department of Physics, Kyoto University)

Presentation materials