Dec 4 – 5, 2015
広島大学先端物質科学研究科
Japan timezone

炭素スパッタによる高抵抗電極を用いたμ-PICの開発

Dec 5, 2015, 1:40 PM
20m
401N講義室 (広島大学先端物質科学研究科)

401N講義室

広島大学先端物質科学研究科

東広島市鏡山1-3-1 (広島大学東広島キャンパス)

Speaker

Mr Fumiya Yamane (Kobe Univ.)

Description

通常型μ-PICでは高い動作電圧における放電は避けられないが、陰極に高抵抗素材を用いることで放電を効果的に抑制できる。本講演では、高抵抗素材として新たにスパッタリングによる炭素薄膜を用いたμ-PICの開発状況と、動作試験の結果について報告する。

Primary author

Mr Fumiya Yamane (Kobe Univ.)

Co-authors

Mr Atsuhiko Ochi (Kobe Univ.) Mr Hiroaki Hasegawa (Kobe Univ.) Ms Noriko Nagasaka (Kobe Univ.) Mr Satoru Yamauchi (Kobe Univ.) Mr Tatsuo Kawamoto (Tokyo ICEPP) Mr Tatsuya Masubuchi (Tokyo ICEPP) Mr Yasuhiro Homma (Kobe Univ.) Mr Yousuke Kataoka (Tokyo ICEPP)

Presentation materials