Summer camp on ILC accelerator, physics and detectors 2019

Japan
Description

ILC夏の合宿2019

本年もILC
夏の合宿を開催いたします。今年は、茨城県潮来市が会場となります。茨城県の南、千葉県との境に位置し、隣接した鹿嶋市には鹿島神宮や鹿島サッカースタジアム、神栖市・鹿嶋市には鹿島臨海工業地帯があります。会場となる“かんぽの宿潮来”は、北浦を一望する高台に建ち、天然温泉の展望大浴場があります。周囲はのどかな田園風景が広がっており、のんびりとした牧歌的な環境のもと、ILCと明日の物理について時を忘れて語り合いましょう。

日程:9月3日(火)から9月6日(金)
場所:茨城県潮来市水原1803-1 かんぽの宿 潮来
029-67-5611

https://www.kanponoyado.japanpost.jp/itako/index.html

(初日は午後から、最終日はお昼ごろ終了予定)


開催趣旨

2012年のLHCによるヒッグス粒子の発見をきっかけとして、素粒子・高エネルギー物理学は新しい段階へとその一歩を踏み出しました。ヒッグスセクターの詳細研究、超対称性の発見、標準模型を越える現象の探索などの課題に挑むためには、LHCに加えて、250GeVから1TeVのエネルギースケールにおける電子・陽電子コライダーが非常に強力な施設となります。世界の物理学者は、日本が国際リニアコライダー実現に主導的役割を果たすことを大いに期待しています。

本合宿は2010年から開催されており、次のことを目的として、国際リニアコライダーの実現、そして素粒子物理学の発展を目指しています。
 ・加速器科学者、素粒子・高エネルギー物理学者の間で情報共有を行い、国際リニアコライダーについての共通認識を作ること。
 ・国際リニアコライダーを実現し、さらに研究分野全体の発展のため、異分野の研究者同士の信頼関係を築き、若手研究者間の交流をうながすこと。


合宿の内容

・招待講師による最新の物理、加速器についての講演
・ILC加速器、ILC測定器についての講演
・学生によるショート講演(ヤングセッション)
・飛び入り参加歓迎、だれでも講演できるナイトセッション



参加登録について

下記WEBから行ってください。
締切は
731日(火)です。
https://agenda.linearcollider.org/event/8237/

参加登録費(スタッフのみ):4,000円(ただし学生は無料)
宿泊費(一泊三食):
11,000

到着時に現金でお支払いください。

なお、団体扱いのためクレジットカードは使用できませんので、ご承知おきください。

参加登録ページへ


旅費補助

学生を対象に旅費(交通費のみ)を補助します。旅費の補助を希望する方は、83日までに「旅費の補助希望」を選択した上で、参加登録を行ってください。JRあるいは私鉄線による経路以外(航空機等)を希望する場合は、見積書を添付してください。なお、財源には限りがあるため、必ずしも希望者全員に支給することは限りません。支給の可否について、810日までに連絡いたします。支給対象の方には、KEKの共同利用支援システムにてユーザー登録が必要となりますので、後日ご連絡いたします。


お問い合わせは下記までお願いいたします
Daniel JEANS (高エネルギー加速器研究機構)daniel.jeans@kek.jp


組織委員会

Daniel JEANS (高エネルギー加速器研究機構) 幹事
大森
恒彦 (高エネルギー加速器研究機構)
藤井 恵介 (高エネルギー加速器研究機構)
横谷
(高エネルギー加速器研究機構)
栗木雅夫(広島大学) 

高橋 (広島大学)
成田
晋也 (岩手大学)
佐貫 智行 (東北大学)
竹下 徹  信州大学)
兼村
晋哉 (大阪大学)
柿崎 (富山大学)
杉山 (佐賀大学)
吉岡 瑞樹 (九州大学)

Participants
  • Arindam Das
  • Asahi Kojima
  • Daniel Jeans
  • Hiroki Ishihama
  • Hiroshi Sakai
  • Hiroyuki Kawamura
  • Hisako Ohata
  • Issei Miyazaki
  • Johannes Braathen
  • Kaoru Yokoya
  • Kazuki Enomoto
  • Kei Yagyu
  • Keiichi Terasawa
  • Keisuke Fujii
  • Keita Yumino
  • Kentarou Mawatari
  • Kiichi Goto
  • Kiyotomo Kawagoe
  • Linghui Liu
  • Mahito Sasada
  • Masahito Ogata
  • Masakazu Kurata
  • Masao Kuriki
  • Masashi Aiko
  • Masfumi Fukuda
  • Masuda Ryunosuke
  • Mitsunori Kubota
  • Mitsuru Kakizaki
  • Nagura Takuto
  • Naoki Tsuji
  • Reima Terada
  • Ryoichi Hajima
  • Ryousuke Shirai
  • Shin Suzuki
  • Shinya Kanemura
  • Shogo Kajiwara
  • Shohei Shirabe
  • Taikan Suehara
  • Taisuke Katayose
  • Takahiro Fusayasu
  • Takahiro Mizuno
  • Takanori Mogi
  • Takeo Higuchi
  • Taohan Li
  • Tetsuo Shindou
  • Tohru Takahashi
  • Toru Tsuboyama
  • Yoko Irie
  • Yu Kato
  • Yuichi Okugawa
  • Yukinaru Tamaya
  • Yumi Aoki
  • Yutaro Shoji
  • Yuto Deguchi
  • Yuto Uesugi
    • 8:30 AM 10:00 AM
      Lectures
    • 10:00 AM 10:30 AM
      break 30m
    • 10:30 AM 12:15 PM
      Lectures
      • 10:30 AM
        ATLAS 1h
        Speakers: Shohei Shirabe (Tokyo Institute of Technology (JP)) , Shohei Shirabe
      • 11:30 AM
        Theory: BSM 45m
        Speaker: Tetsuo Shindou
    • 12:15 PM 1:15 PM
      lunch 1h
    • 2:00 PM 2:15 PM
      excursion information 15m
    • 2:15 PM 6:00 PM
      excursion to Kashima shrine 3h 45m
    • 7:00 PM 8:30 PM
      dinner 1h 30m
    • 9:00 PM 11:30 PM
      Night session
      • 9:00 PM
        Probing the Higgs' CP properties 30m
        Speaker: Daniel Jeans (KEK)
      • 9:30 PM
        Fast-rolling relaxion 30m
        Speakers: Dr Yutaro Shoji (KMI, Nagoya University) , Yutaro Shoji (Tohoku Univ.)
      • 10:00 PM
        Break 20m
      • 10:20 PM
        Mono photon search for SU(2) singlet WIMP at ILC 20m
        Speaker: Taisuke Katayose
      • 10:40 PM
        Phenomenology of the extended Higgs model with CP violation 20m
        Speaker: Mitsunori Kubota
      • 11:00 PM
        2HDMにおけるILCでのヒッグス粒子対生成過程 15m
        Speaker: Takuto Nagura
    • 8:30 AM 9:50 AM
      Lectures
    • 9:50 AM 10:20 AM
      break 30m
    • 10:20 AM 12:25 PM
      Lectures
      • 10:20 AM
        Detector: TPC 35m
        Speaker: Mr Keita Yumino (SOKENDAI)
      • 10:55 AM
        Accelerator: DR and Final Focus 45m
        Speaker: Shigeru KURODA (KEK)
      • 11:40 AM
        Accelerator: Radiation safety for ILC 45m
        Speaker: toshiya sanami (kek)
    • 12:25 PM 1:25 PM
      lunch 1h
    • 1:25 PM 3:55 PM
      Lectures
    • 3:55 PM 4:25 PM
      break 30m
    • 4:25 PM 6:25 PM
      Lectures
    • 6:25 PM 6:30 PM
      food for thought 5m
    • 7:00 PM 8:30 PM
      dinner 1h 30m
    • 9:00 PM 11:40 PM
      Night session
      • 9:00 PM
        On two-loop corrections to the Higgs trilinear coupling in models with extended scalar sectors 30m
        Speakers: Johannes Braathen (Osaka University) , Johannes Braathen
      • 9:30 PM
        Searching for heavy resonance at the Linear Collider 30m
        Speakers: Arindam Das (UA) , Arindam Das
      • 10:00 PM
        Break 20m
      • 10:20 PM
        Evaluation of segmented lead grass calorimeter at Test beam 2018 20m
        Speaker: Mr Reima Terada (Shinshu University)
      • 10:40 PM
        Exploring the global symmetry structure of the Higgs potential 20m
        Speaker: Masashi Aiko
      • 11:00 PM
        UVレーザーで励起したシンチレーション光を用いたMPPCの飽和現象の研究 20m
        Speaker: Naoki Tsuji (The University of Tokyo)
      • 11:20 PM
        Study of HgammaZ coupling using e+e- -> gamma H at the ILC 20m
        Speaker: Ms Yumi Aoki (SOKENDAI,KEK)
    • 8:30 AM 10:00 AM
      Lectures
      • 8:30 AM
        Production and Electroweak Couplings of 3rd Generation Quarks at the ILC 15m
        Speaker: Yuichi Okugawa (Tohoku University)
      • 8:45 AM
        国際リニアコライダーに向けた高時間分解能センサーの性能評価 15m
        Speaker: Yuto Deguchi (Kyushu University)
      • 9:00 AM
        テストビームを用いたSiWECALの評価について 15m
        Speaker: Mr Kiichi Goto (Kyushu University)
      • 9:15 AM
        鉛ガラスを用いたエネルギー測定可能な吸収層の宇宙線ミューオンを用いた性能評価 15m
        Speaker: Hiroki Ishihama (Shinshu University)
      • 9:30 AM
        ILCにおけるヒッグス精密測定に向けたジェットエネルギー再構成手法の改善 15m
        Speaker: Shogo Kajiwara (The University of Tokyo)
      • 9:45 AM
        A simulation study of the e+e- to gamma Z process for design optimization of the International Large Detector 15m
        Speaker: Takahiro Mizuno (Sokendai)
    • 10:00 AM 10:30 AM
      break 30m
    • 10:30 AM 12:15 PM
      Lectures
      • 10:30 AM
        Analysis of The Triple Higgs Boson Coupling in Realistic Gauge-Higgs Unification Model 15m
        Speaker: Shin Suzuki
      • 10:45 AM
        Optimizing the Scintillator Shape for the Electromagnetic Calorimeter 15m
        Speaker: Takanori Mogi
      • 11:00 AM
        ILC電磁カロリーメータのシンチレータストリップ両側読み出し手法の開発 15m
        Speaker: Ryunosuke Masuda (University of Tokyo)
      • 11:15 AM
        ILDのECALに向けたシンチレーたの形状の最適化 15m
        Speaker: Ryousuke Shirai
      • 11:30 AM
        Performance evaluation of bottom readout prototype of scintillator electromagnetic calorimeter for ILD 15m
        Speaker: Yukinaru Tamaya
      • 11:45 AM
        e+e- --> tautau 15m
        Speaker: Mr Keita Yumino (SOKENDAI)
      • 12:00 PM
        ILD ECALに向けた高位置分解能センサーの開発研究 15m
        Speaker: Yuto Uesugi (Kyushu University)