28 May 2018 to 2 June 2018
Fukuoka International Congress Center
Asia/Tokyo timezone

Fukuoka Statement

Statement on “Towards the realization of the International Linear Collider, an update”

Scientists who gathered for the Linear Collider Workshop in Tokyo in 2015 issued a statement confirming their strong support for the scientific justification for a prompt realization of the International Linear Collider (ILC). The Linear Collider Collaboration (LCC) and the worldwide participants at the 2018 Asian Linear Collider Workshop (ALCW2018) in Fukuoka, Japan, reconfirm the scientific importance of the ILC. We are closer to the realization of the project, but it is now in a critical phase.

(1) Results to date from the CERN Large Hadron Collider indicate that we are at a crossroads in our quest to uncover the origin and history of the Universe. We now know that precision measurements, in particular of the properties of the Higgs boson, are an essential next step to advance our understanding. Precise measurements in electron-positron interactions at a center of mass energy of 250 GeV at the ILC will deliver a leap in our scientific knowledge and, together with future results from the LHC and SuperKEKB, will propel us toward the ultimate theory of particle physics and a deep understanding of the Universe itself.

(2) We have been preparing for the ILC for many years, in collaboration with industries and in discussion with governments worldwide. The ILC is now the most mature and realizable electron-positron collider project, and offers the energy expandability of a linear collider. The successful operation of the European XFEL in Hamburg and recent advances in the superconducting R&D in Fermilab near Chicago and other laboratories, together with a cost reduction by changing the initial center of mass energy to 250 GeV, increases the ILC technical and financial feasibility whilst maintaining the physics potential of the machine at this energy. The superconducting technology being developed for the ILC has a great impact on industrial and medical applications of accelerators. We deeply appreciate the evaluation process by the Japanese government for the proposal based on the new ILC design.

(3) The ILC can only be realized as an international project, and a nation who wishes to host the project should lead the international negotiations. A positive message from the Japanese government expressing readiness to initiate these discussions this year is critically important because work on the update of the European Strategy for Particle Physics, including collaboration in the ILC construction, will start early next year. This update will have a large impact outside Europe on the future of high energy physics projects worldwide. While we will strongly present the scientific case for the ILC in these discussions, it is essential to hear a positive message from the Japanese government in a timely manner.

Lyn Evans

LCC Director

For scientists from LCC and ALCW2018


ILC 福岡宣言 「国際リニアコライダーの実現を目指して- 更新版」


2018 年5 月31 日、福岡


2015 年に東京で行われたリニアコライダーワークショップに集まった科学者は、国際リニアコライダー(ILC)の迅速な実現の科学的正当性に対する強い支持を確認する声明を発表した。リニアコライダーコラボレーション(LCC)と2018 アジアリニアライダーワークショップ(ALCW2018)に世界から集まった参加者は、ILC の科学的重要性を再確認する。我々はプロジェクトの実現に近づいており、今は決定的に重大な段階である。


(1)欧州合同原子核研究機関(CERN) の大型ハドロンコライダー(LHC) の結果は、我々が宇宙の起源と歴史を明らかにするための探求の岐路に立っていることを示唆している。現在、精密測定、特にヒッグス粒子の特性の測定は、我々が宇宙の理解を深めるために不可欠な次のステップであることがわかっている。 250 ギガ電子ボルト(GeV) の重心系エネルギーにおけるILC での電子 - 陽電子相互作用の正確な測定は、我々の科学的知見に飛躍をもたらし、LHC とSuperKEKB の今後の成果とともに、素粒子物理学の究極の理論と、宇宙の深い理解に向け研究を進展させるであろう。

(2)我々は長年にわたり、産業界と協力し、世界各国の政府と協議を行なってILC の準備を進めてきた。 ILC は現在最も成熟し、かつ実現可能な電子・陽電子衝突加速器のプロジェクトであり、線形加速器としてのエネルギー拡張性も有している。ハンブルクの欧州自由電子レーザー(XFEL) の運用の成功、シカゴ近郊のフェルミ国立加速器研究所や他研究所における超伝導研究開発の最近の進歩、また重心系エネルギーを250GeV に変更することによるコスト削減は、当該エネルギーにおける物理実験の能力を維持しつつ、ILC の技術的および財務的な実現可能性を向上させた。 ILC のために開発された超伝導技術は、加速器産業および医療用途において大きな波及効果をもたらすものだ。我々は、新しいILC の設計に基づく提案に対する日本政府の評価プロセスに深く謝意を表する。

(3)ILC は国際プロジェクトとしてのみ実現することができる計画であり、本プロジェクトのホスト国が国際交渉を導くべきであると考える。ILC 建設への協力を含む、素粒子物理学における欧州の未来戦略の更新作業が来年初めに始まるため、今年、日本政府からの議論の開始に前向きの姿勢が示される肯定的なメッセージが提示されることが非常に重要となる。この更新作業は、世界中の高エネルギー物理学計画の将来について、欧州以外の地域にも大きな影響を与えるものである。更新作業に関する議論においては、我々はILC の科学的論拠を強く主張する予定であるが、日本政府から積極的なメッセージが時宜を得て伝えられることが不可欠である。

リン・エバンス

LCC ディレクター

LCC とALCW2018 の科学者

注: これは研究者による日本語訳であり、正文は英語版である。

Your browser is out of date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×